【バイク】XL200Rのウインカー交換

XL200Rを純正ウインカーから汎用ウインカーに交換!

 




それは台風が訪れたある日のこと…朝起きるとカバーが風に煽られたせいなのか、バイクが横倒しになった。。

IMG_20171023_072708.jpg

起こしてみるとウインカーレンズがバッキバキに割れていた。

IMG_20171105_110145.jpg

ウィンカーレンズはもうすでに廃盤なので、古いものをわざわざ高い金を出して買うのももったいない。せっかくなので新しい消費電力少ないウインカーに変えてしまおう!とのことで、ワレンズを購入。

 

IMG_20171111_132215.jpg

比較のために右目だけ交換。古いバイクってどれもライトがどでかい。

IMG_20171111_133410.jpg
次に左目も両方交換するとかなりコンパクトな後ろ側。

純正のオンボロリレーは、このT10の消費電力の小さなLEDバルブに対応しているわけもなくハイフラ状態。

IMG_20171105_112655.jpg

こいつをはずして。

IMG_20171111_131910.jpg

アマゾンで買った安いリレーに入れ替える。


IMG_20171111_134056.jpg

雑にタイラップで固定で出来上がり。リアウインカーは無事ワレンズに出来たけれど、フロントウィンカーをLEDにするとなぜか左右両方点灯するハザード状態になってしまう。

原因としてはメーターについているインジケーターが左右共通なため。前後LED化すると電流が少なくて済む→インジケーターを通して電気が逆流→両方とも点灯してしまうということらしい。

対策は2つある。「インジケーターの電球を抜く」もしくは「以下のようなハーネスを入れて配線を変更する」

とりあえず走れば良い主義者なので、以下の前後不揃いウィンカー仕様にすることにして、ハザード状態を回避した。

  • フロント:白熱球・純正ウィンカー
  • リア:LED・小さなワレンズ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です