【バイク】XL200RにGN125のリアキャリアを加工して取り付ける方法

XL200R用の専用品が無いのでGN125のキャリアを加工して取り付け

XL200Rはオフ車ということもあり、全く荷物の積載が出来ず、汎用のタンクバッグのみを付けて乗っていた。どうもダサいイメージがあって好きじゃなかったリアボックスだけど、つけている人からは便利だから早くつけろと聞く。

ヤフオクでリアキャリアを探すものの、旧車バイクなので中々パーツも出てこない。そんなときに「純正がないなら加工してつければいいじゃない」とアドバイスをもらい、以前にGN125のグラブバーを付け替えて余っていたGN125-2Fの純正リアキャリアを加工して流用し、XL200Rに取り付けた。

 

リアキャリアを加工

すんなりポン付け、、、とは行かず多少の加工をして装着。

  • GNの方が幅が大きいので、スペーサーで埋めてフロント側はボルトで2点固定(一番左の赤丸)
  • 元々のボルト固定部分が干渉するので、グラインダーで削った(右下の赤丸)
  • リア側の2点固定のために、鉄板を買ってきて、ドリルで穴を空けU字ロックで固定。(右上の赤丸)

上記3つで、リアキャリアがしっかり固定出来た。その後、ボックスをつけて乗っているが全くブレることもなく、キャリア自体の強度もあるのでバイクの押し引きにも気兼ねなく握れる。確かにボックスが付けられると買い物にもツーリングにも便利だ…手放せないw

 

GN125のキャリアは楽天市場でも扱っている。

でもあえて新品でGN125のパーツを買うくらいなら、他の車種のジャンクパーツを探してきて流用して付ける方がいいね。コツとしては、バイク側に固定する場所を見つけて鉄板とU字金具で固定することだと思う。

ダサさと引き換えに抜群の運搬性能、キャンツーやロンツーが好きなライダーはぜひキャリアをつけちゃいましょう。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です