【ボドゲ】センチュリー スパイスロード&ゴーレム ルールと比較とコツ等

センチュリー スパイスロード

センチュリー スパイスロードとゴーレムのルール、比較、コツ!

センチュリーは三部作になっていて、2018年4月に英語版のイースタンワンダーズが出た。スパイスロードとゴーレムは、ゲームシステムは全く同じだけど、コンポーネントやアートワークがちょっと違うw自分はスパイスロードを持っていて、ゴーレムは人のをプレイしただけ。比べるとこんな感じかな。

スパイスロードとゴーレムの比較

スパイスロード

  • 立方体キューブなので、他のプレイヤーのキューブが数えやすい
  • ゴーレムと比べるとちょっとだけ収納しづらい
  • 三部作はこっちのアートワークで統一されていた

ゴーレム

  • クリスタルがトゲトゲしていて数が分かりづらい
  • プラスチックの蓋が付いていて、収納が楽
  • 勝利点カード、市場カードに、クリスタルの色と対応したアートワークがあってかわいい

 

以下、ゲームについて紹介。

勝利条件

一番得点を取った人の勝利

勝利点カード+金貨3点、銀貨1点+黄色キューブ以外のキューブ1個につき1点。

終了条件

誰かが5枚(2-3人のときは6枚)勝利点カードを取ったら、そのラウンドで終了(※スターティングプレイヤーの手前まで)

ルール

自分の手番で、以下の4つのうち1つを選んで実行。

時計回りにターンを進めていく。

  • 手札を1枚プレイ
  • 商人カードを1枚獲得(奥の方にあるものは手前のカードにキューブを置いていけば獲得できる)
  • 休息をとる(使った手札を全て回収)
  • 勝利点カードを1枚獲得

プレイのコツ

序盤はひたすら商人カードの獲得をしていく。黄色いキューブをある程度持っておくことで、先の方に強い商人カードが出たときに備えておきたい。序盤に取れたカードを軸にしてうまくコンボを組んでいきたい。

勝利点カードの価値は、キューブの価値(1~4点)+キューブの種類(1~3点)になっている。

  • 黄キューブ:1点
  • 赤キューブ:2点
  • 緑キューブ:3点
  • 茶キューブ:4点

※スパイスロード準拠

例えば、[赤][赤][赤][赤]→2*4=8点だったり、[黄][黄][黄][赤][緑][茶]→1*3+2*1+3*1+4*1+3=14点だったりという意味。

[黄][黄]のカードは常にあるので、ここからうまく[赤]、[緑]、[茶]までそれぞれつながるコンボができるようにして、更に茶から[緑][赤][黄]に戻せるようにしておきたい。個数が減るとジリ貧になるので、交換してキューブの絶対数を増やせるようなカードと、増えたキューブをアップグレードできる組み合わせはかなり強い。

カードが取れる状態でも、商人カードを使って手元のキューブを整えられて、他に同じカードを取れるプレイヤーがいないのであれば、カードを取らずに粘ったほうが良いと思う。他の人の妨害にもなるし、先に取るメリットがないし。とは言え、お手玉して無駄なターンを過ごすと結局負けるので、バランスが難しい。

 

エラッタ

4番手、5番手のプレイヤーが初期手持ちで取得するのは[黄]4個+[赤]1個じゃなくて、[黄]3個+[赤]1個。ゴーレムだと多分直ってるかな?スパイスロードの人は要注意。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です