【マンガ】Kindle Unlimitedでダラダラ読めるおすすめ中~長編漫画





Kindle Unlimitedでマンガを読んでいると、短いのを探して読むより長いのをまとめて読みたい。

読んで面白かったものを以下にまとめてみた。(随時追記予定)

 

解体屋ゲン(こわしやゲン)46巻(連載中)

爆破解体の専門家の朝倉ゲンが仲間たちと一緒に繰り広げていく。

Vコード、とか爆破解体に詳しくないと知らないような用語もわかりやすく説明してくれる。

爆破解体というよりは、朝倉ゲンを取り巻く人々の人情物語と言った感じ。

2018年6月現在、連載中。

ナニワ金融道(全19巻)

PCもインターネットも無かったころの昭和の仕事ってこんな感じなんだなーとw

法律がゆるい時代だったことをあちこちで感じる、飲酒運転とか暴対法とかそもそも闇金とかw

最初に闇金ウシジマくんを読んでいたので、「昭和の闇金ウシジマくん」的な(時系列逆だけど)

自己本位な人間がたくさん出てきて、金を巡る人々の欲望の汚さが見えて、時代を経ても変わらないものはあるんだなぁと。

殺し屋1(全10巻)

子供の頃にいじめられたイチが悪い大人に操られて殺し屋を…暴力!セックス!グロ!暴力!s(ryの繰り返しな感じ。

グロい描写が多いので、そういうバイオレンスものが大好きな人だったらいいかなー。

ストーリーがどうこうといったわけではないので、スプラッター映画を見ているようなものと思えば。

特攻の島(全9巻)

人間魚雷「回天」に乗ることになった主人公の生き様をまざまざと見せつけられる。

やっぱり人間描いたらうまいな~画力もストーリーも圧巻。

主人公は絵を描くのが趣味なんだけど、その伏線があんな形になるとは…。

最後まで読んでから、それぞれの表紙の絵を見返すと、なるほど!となるのでぜひ読んでみてほしい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です