初めて乗ったBJ50という原付スクーター




初めて乗ったのはBJ50だった。

「とりあえず生活の足があった方が良い」という親のアドバイスの元、原付免許を大学一年生で取得。

「パワーがある2stの方が良い」、とのことで、BJ50を買った。

最寄りの駅まで通学に使ったりもしてみたけど、大学生は飲み会が多いから原チャは相性が悪く。

乗る楽しさなんて知らず、ただただ当時のバイトの家庭教師で、教え子の元まで往復5-6kmの道を行くだけだった。原チャとしては正しい使い方。

 

大学4年で実家を出るタイミングで原付を持っていって、通学(片道20km)に使い始めた。

この辺りから、原チャがあればどこへでも行けることに歓びを覚え始めた。

  • 雨の日のマンホールは滑る
  • 2stオイルは切らしたらいけない
  • タイヤは定期的に空気圧を測らないといけない
  • 道はつながっているんだから、迷ってもいつかはたどり着く

などなど、バイクの基礎的なことはBJ50で学んだ。

 

当時住んでいた和光市から、熱海まで行ったり、霞ヶ浦に行ったり、どんどん行動範囲を広げていった。

30km/h制限、長距離乗ると腰が痛いなどなど、50ccは限界があるなと思って、この後、二輪免許を取りに行くことになる。

BJ50は通算6,000kmくらいは乗っただろうか。今は実家においてきたけど、まだ乗れるんだろうか。

何の変哲もない50ccスクーターだけど、思い入れのある最初の一台。

 

 

 

横浜を越えて城ヶ島に行った時の写真かな。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です