【ボドゲ】コレイカKolejka初プレイしたのでレビュー

ボードゲーム コレイカのレビュー!

コレイカ/Kolejkaというボードゲームがあるのは知っていて、ポーランドから日本に戻ってきた友人が運よく持っていたので、プレイした。大学でポーランド語を学んでいたものの、社会人になってからは全く関わりがなかったポーランド。ゲームでまた読めて、ちょっとうれしい。

カードの効果に言語依存性があるので、説明してもらう。さらに、ポーランドの国家記銘院に、日本語のルールブックカード効果一覧(シール貼り用)があるので、ここを参考にしながらプレイ。カード効果は見づらいので、印刷したほうがよかった。

自分のコマ5個を各お店に並べて、ランダムに配送された商品を、カードを使って順番や商品をいじりながらミッション通りに獲得していく。ミッションは全員バラバラで、それぞれ4種類の商品を、4個、3個、2個、1個と言った具合。4人プレイなので、比較的在庫があまる商品(4個必要な人が無い商品)があったりするけど、バザーに流すためにそれはそれで需要があったり。

 

初回プレイは中々商品を獲得できず負け。2回目は途中まで順調だったものの、配送する商品が在庫切れてしまい、並んでいた行列が無駄に…そして敗北。。

 

共産主義時代の行列を再現した、というお硬いお題目に対しては、お互い邪魔したりジレンマがあったりする、出来がよいゲームだった。今回は4人プレイだったので、1枚勝利点カードが余ったため、あんまり必要にならない商品が出てきた。5人プレイだとまんべんなく商品が必要になって、プレイ感が更に変わって楽しそう!

↓しかし、日本で買うと高いなー。。。

現地のサイトで買えば64 zloty(2018/2/4現在)なので、大体2,000円くらいで買えるけど、送料が結構掛かるのと言語ハードルが高いのが問題。

なお、ルールブックの後ろの方に当時のポーランドを語っていて、カード名とリンクした内容だったりして読み物としても面白かった。歴史の学び方として、こういったゲームを親子でプレイして語り合う、なんてのはよいコミュニケーションだと思う。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です