【ボドゲ】ゲムマに初出展した話1 当日までのスケジュール

ゲムマに初出展したときの当日までのスケジュール

ゲームマーケット秋2018に出展するまでの道のりを思い返して書いてみる。自分と同じく出展を考えている人にとって何かの参考になれば。

前振り

勤めている会社で不本意な部署異動があり、人生にやる気がなくなっていた。ふとボードゲームを作ってゲムマで売っていた友人のことを思い出した。自分の過去に広告関連、流通・小売関連、コンテンツ系ビジネスに携わったことが有り、ものを作って売ることを考えると、一通りの経験がある。ならば大好きなボードゲームでチャレンジしてみよう、と一念発起。とはいえ、決定的に経験がなかったのが「デザイン」と「ゲーム作成」。すなわち、ボードゲームの肝の部分。まぁ苦手なことは得意な人にやってもらえばいいさ!

 

ゲムマ本番までのタイムライン

2018年4月

自分を追い込むために、とりあえず周りの知人友人に「11月のゲムマでボドゲ作って売ります!」とひたすら宣言して回ったw この時点では何を作るか全く考えていなかったけれど、半年以上あるからどうにかなるだろうと楽観的に。

 

2018年5月

コンポーネントが複雑なものは難しいのでやっぱりカードゲームだなということでプロトタイプを作ったり。アブストラクトを考えるにはアブストラクトの経験も少ないので、「○○」×「カードゲーム」ということで色々考えてみる。自分も大好きなお酒がしっくり来たので、飲み会をモチーフにしたものを思い立つ。量を飲めたら勝ちで一定以上でバースト?それは過去にも似たようなものがあるだろうし、アルコールは量が飲めればいいと言う風潮は嫌いだ。自分が飲み会でよく飲みすぎてやらかすので、ちょうどいい飲み具合を目指してみてはどうだろう?

 

2018年6月

Magic the:Gatheringのいらないカードとスリーブに、白い紙を刺してテストプレイを回してみる。Googleのスプレッドシートで、酔いどれ度がどのくらいになるかアクションカードと組み合わせてどのくらいになるか試算してバランス調整。色んな知人とテストプレイをする。

 

2018年7月

ゲームシステムが整ってきたので、友人のデザイナーと打ち合わせもこの頃行う。デザインについて細かいことは分からないので、「カードの区別がわかりやすく付くこと」をお願いする。

また、印刷は萬印堂さんにお願いすることに。早割の仕組みがあり、この時点で9/20校了を目指すことに決まる。

この頃、twitterアカウントを作成して、ひたすらフォロワーを増やす地道な活動を始める。facebookとinstagramも作るは作ったけど、twitter1本に絞った。あんまりfacebookとinstagramにボードゲームユーザーがいる気がしなかったため。

 

2018年8月

デザイナーとクリエイティブのやり取りをする。あがってきたデザインを印刷して本物に近い形でテストプレイなどをする。ルールが固まったので、説明書も書く。ルールは簡潔に、読んだ人が「うるせーよw」って言ってくれそうな小ネタも説明書に書き入れる。※この頃プレイしたダンジョンヒーローマネージャーの影響。説明書を書くときはやっぱりMECEとかフレームワークで考えるとやりやすいなぁと。

 

2018年9月

9/20にドタバタしつつもようやく校了。印刷会社とのやり取りなんて、プライベートでやるのは初めてなのでデザイナーさんに非常にお世話になった。。この頃はひたすらtwitter活動に勤しむ。

 

2018年10月

10月末に納品される。とりあえず自分で持ち歩く用を1つ作って外でプレイして写真を撮ってtwitterに。twitterで広告出稿が100円/日とかの予算感でできることを知り、広告出稿の勉強も兼ねて「お酒」「ボードゲーム」セグメントにチョロチョロ広告配信を始める。1ヶ月で飲み会1回我慢すれば(しないけど)いいくらいの金額だしね!

 

2018年11月

先月に続きtwitterで拡散しつつ、予約フォームを立ち上げた方が売上見込めるよ、と知人のアドバイスを受けて予約フォームを立ち上げる。予約は10件ちょっとくらい。箱とカード(帳合済)とバラバラで届くので、箱詰めはゲムマ前日に友人を呼んできて手伝ってもらって1-2時間で完了。当日使うであろう大きめの紙にパッケージを印刷したものも近くのコンビニコピー機で作っておいた。

 

当日の動き

当日は念の為、8時半には現地についた。ブースはそんなに凝ってないので、設営は早々に終わってスマホで遊んでた。

別途書こうと思っているターゲットセグメントを考えて、「酒好き」にだけアピールできればいいやということで、アリものを印刷&飲み干した瓶を並べて、百均でジョッキとワイングラスを買ってきて置いておいた。

自分が去年ゲームマーケットに来たときに、ビラは貰いはするものの数が多すぎて見なかったので、ビラはそもそも作成せず。ブースで座ってジョッキを持って乾杯のポーズをしていた(飲酒は厳禁)。それで、お酒が好きなお客さんが近寄ってくるので、来てくれたらゲームの説明とちょっと1ターン回してみたり。

15時頃には全て完売したので早々に撤収して、帰りの混雑に巻き込まれないように帰宅。行きで持っていったダンボール1箱分が完売して軽くなるのが嬉しい限り。

その2に続きます。

3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です