【バイク】ラジエターガードの選定&取付方法【HONDA CRF250L】

CRF250Lを手に入れたのでラジエターガードを取り付けた!

CRF250Lは大きなラジエターガードがついていて、ハードな場面でよく破損しておもらし、ということを先人から聞く。早速購入と同時にラジエターガードを買って取り付けた。

 

●ラジエターガードの選定

選択肢はざっくり、AXP、kijima、ZETAの3種類。他に中華とかebayにあったかもしれないけれど、納期の関係でまず国内のものに絞った。

  • AXP Racing ラジエターガードレッド CRF250L/M

⇒カッコいいけど、1万円弱とそれなりに高い。カバーしてくれる範囲も広そうで、結構付けている人を良く見かける。

 

  • KIJIMA キジマ コアガード ラジエターガード CRF250L 型式2BK-MD44 、CRF250M 、CRF250ラリー

⇒5,000円弱と安い!ラジエターの周囲が守られていれば多分大丈夫かなぁ。周りで付けている人はあんまり見たこと無いかも。

 

  • ジータ CRF250L ラジエターガード

⇒こちらも1万円弱と高め。でも見た目はガッチリ守ってくれそうな感じでカッコいいな。さすがジータ。

しかし新車って、新品のパーツがたくさん出ていて素晴らしい…。今回のCRFは、今後色々とカスタムパーツを付けたいことを考えると、そこまで見た目に直結しないパーツは安く済ませたい。倒れたときも縁だけ守れていれば多分大丈夫だろう、という訳でキジマのラジエターガードに決定。

 

●ラジエターガードの装着

左側のサイドカバーを外してラジエターを表に出す。旧車のサイドカバーは雑に扱えるけど、新車は丁寧に壊さないように扱わねば…w リアのサイドカバーは下部のボルトを外して、後ろのリベット?を抜いて、前方の爪2つを引き抜く。以下は裏側の写真。

その後、残りのボルトを外していく。一番右側のボルトはもう一枚のサイドカバーで隠れているから外し忘れないように。

ラジエターが出てきたところでラジエターガードを装着。冬の朝だったこともあって、ラジエターカバーのプラスチックが固く、はめ込むのにかなり難儀した…。結論としては、先に左上右下をはめてから、左下をはめると上手く行った。写真は以下の通り。

今の所、まだ転んでいないので効果のほどは分からないけれど、とりあえず安心が買えた!

その他のバイクのカスタムについてはこちらにまとめ。

5件のコメント

  1. 納車すぐ右に倒れてラジエーター若干破損しましたw
    ガード探していたらたどり着きました。

    >とりあえずこの車種は右側に倒れてラジエターが破損することが多々あるらしいので、ラジエターガードをつけておいたほうがいいと先人から言われる。

    早く見ていれば・・・!

    1. DTLさま
      いま自分で見直して思いましたけど、バイクにまたがったら左側がラジエターでしたね笑
      私はまだあのフチだけ守ってくれるラジエターガードで破損してないですが、AXPのを付けてる人をよく見かけますね!
      次のラジエターは大事に守ってあげてくださいっ!

      1. つられて右って買いてしまいましたが、左でした、ご指摘ありがとうございましたw

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です