【バイク】ウィンカーをLEDに換装する方法【CRF250L】

CRF250LのウィンカーをLEDにしたけど、MD38とMD44でリレーの位置が違う!

前回のヘッドライトに続き、ウィンカーもLED化することに。こちらもX4で使っていたセット(リレー、LEDバルブ×4)がそのまま流用出来て追加コスト無し。ウィンカーリレーの場所をネットで調べたら「右シュラウドの冷却水横にある」情報は2016年式までのMD38の話で、2017年式以降のMD44はリアのリザーバータンクの奥に変わっていた。

リレー探しの旅

開ければリレーなんてすぐ見つかるだろうと高をくくっていたら見当たらない…w あるはずの冷却水横にどう見てもナイ。そう、MD44は場所が違っていた。

正解はこっちのリザーバータンクの奥。手が届きにくい…。

ウィンカーリレー交換

リザーバータンクをずらしてウィンカーリレーとご対面。隙間を作り、指を突っ込んで奥の方から引っ張り出す。

ゴムのカプラーの中にリレーのツメがあるので剥いでツメを外して外す。

純正はMITSUBAのFR33-27。X4に付けていたPOSHのリレーがポン付けで装着可。ラッキー。

ポッシュの方が少し大きいため、無理くり元の場所に収めると、ホースと干渉してしまう。ちょっと宙ぶらりんな場所に収めているので、何かしらで固定しておきたいが、他のこともしていたら暗くなったので断念。LEDバルブも4つとも交換して、ポジションライト含めて問題無く点灯することを確認して、今日はココまで。




その他のバイクのカスタムについてはこちらにまとめ。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です