【CRF250L】クラッチレバー、ブレーキレバーの交換方法【バイク】

取付後のブレーキレバー

CRF250Lのクラッチレバーが曲がったので、中華レバーに換装した!

猿ヶ島で転倒して曲がってしまったクラッチレバー。レバーなんて純正じゃなくてもいいので、Aliexpressで専用品を買ったけど、結局削らない装着できなかったレバー交換記。

購入

aliexpressでCRF250Lとレバー自体にも書かれているデザインのものを買ってみた。専用品と見せかけて、クラッチレバー側の穴が少し小さいので少々加工が必要。

AliExpress.com Product – CNC For HONDA CRF250L CRF250 L CRF 250L 2012 2013 2014 2015 2016 2017 Pivot Foldable Brake Clutch Levers CRF250L

 

ブレーキレバー

純正との比較

フロントフォークと合わせてゴールドを選んでみた。穴のサイズは同じ。

純正レバーと比較3

ブレーキランプのセンサー(多分)を押さえる部分が少し形は違うけど機能としては問題なし。

純正レバーと比較2

シュッとしていて、握り心地が良さそう。

純正レバーと比較1

 

取り付け

こちらはポン付け可能だった。ゴムカバーを外してレバー根本のナットを外して、ボルトを抜いていく。レバーガードが邪魔になるので先に外したほうが良かった。

下から見たところ。赤いところのボルトとナット。

ナットを外す

グリスアップしてサクッと取り付け完了。

取付後のブレーキレバー

 

クラッチレバー

純正との比較

表側はこんな感じ。根本のナットで距離が調整できる。

裏側がこんな感じなんだが、お分かりいただけるだろうか。ボルト穴が小さいのだ。段付きボルトを削ってしまうと今後困るので、レバー側を削らないと行けない。

加工

で、100均で買ってきた棒ヤスリでひたすら削る!一箇所だけ削るとバランスが悪くなるので、ぐるぐるとレバー自体を回転させながらひたすらゴリゴリと一時間ほど。人力でもどうにかなる。

 

取り付け

うまく削れたところで取り付ける。ネジ類を一直線にし、クラッチケーブルのタイコを外して純正のレバーを取り外す。

でこちらもグリスアップして、取り外したのと逆の手順で取り付ける。

 

レビュー

何はともあれゴールドがカッコよくて大満足。しかもCRF250Lの印字がたまらない。 自分は手が小さいので、純正よりも握りやすくなった。中華通販が不安な方は、Amazonでも同じ型のレバーを売っているのでこちらから。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です