【バイク】GW南九州ツーリングその3 岩下コレクションでヴィンテージバイクを眺める

CB750Four K0

ヴィンテージバイクのパラダイス、湯布院の岩下コレクション

GW南九州ツーリング記事一覧はこちらから。

岩下コレクションは、大分県は湯布院にあるヴィンテージバイクの博物館。GWのツーリングで、雨の日に屋内の観光スポットとして立ち寄った。館長が自ら集めたものや寄贈されたものなど、約200台のバイクが所狭しと並んでいる。1時間半ほどじっくりと鑑賞した。ばくおん!!の7巻でも紹介されていたので、そちらで知った方も多いのでは。

アクセス

湯布院インターからすぐ。朝9時オープンで、9時過ぎに入ったけれど、雨を避けるためにライダーがすでに何人も見学をしていた。

入館料

入館料は700円。ウェブでクーポンを探すとたくさんあるので、それを使って100円引きで入った。

岩下コレクション会員証

さらに入館後にもらえる↑の特別会員証をもっていれば、毎回半額(同伴者は100円引き)で入れるとのこと。次回誰かを連れて行くために使おう。

 

展示の数々

ヴィンテージバイクコレクション

World Vintage Bike Collectionの名の通り、世界のヴィンテージバイクが沢山。

バイクがたくさん

展示スペースにギュウギュウに詰め込まれたヴィンテージバイクの数々。

中でも目を見張ったのは、時価2億円のトライアンフアポロと、世界一周旅行をしてきたXLR250R。

ドゥカティ アポロ

ドゥカティ・アポロ

ばくおん!!で岩下コレクションの紹介で取り上げられ、崇め奉られていた一台w 時価2億円。試作品で一台しかないから、こんな値段がついているんだろう。雑誌の切り抜きによると実際にメンテをして走行させたこともあるようだ。どんな音で走るのか、聞いてみたい限り。

HONDA XLR250BAJA(バハ)

世界一周したXLR250BAJA

こちらは世界一周旅行をした荒木 利行さんのXLR250BAJA(バハ)がおいてある。21万キロの旅路を乗り越えたバイクの貫禄。個人的に衝撃だったのはその整備記録。長い旅路を乗り越えるためには、多くのパーツを入れ替えないと行けないのはわかっているけど、数字で見ると改めて驚きが。たいていのバイクは数万キロで乗り換えてしまうけど、これだけオーバーホールすれば20万キロ超えても乗り続けられるんだな…。

XLR250BAJAの整備記録

その他のバイクを一部紹介

NSR80

↑一度乗ってみたいNSR80

エルシノア

↑エルシノア、現車は初めて見た。

CB750Four K0

↑CB750Four K0 1969年の初期型らしい。一体いくらの値が付くのだろうか…

ここで紹介した以外にも、無数のバイクが所狭しと展示されているので、バイク好きの方は九州ツーリングで温泉と一緒に立ち寄ってほしい。

GW南九州ツーリング記事一覧はこちらから。


旅はGoogle Mapとツーリングマップルの併用がオススメ!


ツーリングマップル対応のタンクバッグがあると信号待ちで地図が見れて便利!

9件のコメント

  1. 始めまして さいむーん様

    此処だかどうか判りませんが、旧宝珠山村にも似た施設が在りました。
    何分行ったのが20年以上前の事ですので、まだ有るのか不明では有りますが・・・

     印象としては、昭和の床屋さんのイスやら周りの小物・街角にあったタバコやさんのカウンター?
    LPレコードや旧ドイツ軍のBMWサイドカーなんかも有ったのを記憶しています。
     今は東峰村になっててHPを見ましたが、載ってませんでした・・・

     折を見てまたいってみようと思ってます。

    1. G3さま
      コメントありがとうございます。そうなんですね!当方、関東在住のため中々九州まで行くのは大変ですが、ぜひまた訪れるときはよってみたいので、続報ありましたら教えてくださいませ。

      1. simoon様

        返信有難う御座居ます。
        明日郵便局員さんが来るので、知ってるか聞いてみようと思います。
        道は日田からR211に入り小石原に身飼う途中の川向こうに、少しモダンな建物が見えて来ます。
        此処は確か老人ホーム?だったと思います。
        その向こうに、スレート葺きの倉庫の様な建物がそれです。

        印象に残ってるのは、イギリスのパブから移築したバーカウンターなんかも有りましたしアフリカを走ったXLRとサハラ砂漠の砂とかも有りました。
        外には60年代のアメ車なんかも置いて有りましたよ。

        どの道実際に走って確かめて来たいと思います。

  2. 度々済みません。
    先程岩下コレクションのHPを見たのですが、施設の紹介等でオーナーの出身地である東峰村と有りました。
    今の施設は2000年に建設開始ですから、自分が行ったのがそれよりも前ですので、移動する前かも知れません。

    内容物等を見るに、そんな気がしています。
    お騒がせして済みませんでした。

    1. G3さま
      謎が解けたようで何よりです!
      XLRとバーカウンターですと岩下コレクションですね。
      記事に書きませんでしたが(写真を撮り忘れ)バーカウンターで、美味しいホットコーヒーをいただきました。
      20年の間にオーナー様が更に展示物を増やされていたと思いますので、ぜひまた訪れてみてくださいませ。

  3. simoon様

    返信有難う御座居ます。
    後記憶に残ってるのが、寄贈された個人・メーカーさんの名前の札の中に取引の有った西京ホンダの文字を見た時でしょうか。

    マックイーンのフィギュアも有りましたし、BMWのサイドカーの近くにはドイツ軍の制服も飾って有りました。
    バイク好き、昭和レトロ好きには堪らない所だと思いました。

    自分も行った時にカウンターの所でコーヒーを頂きました。
    時間が取れた折に又行ってみたいですね。

    1. G3様
      私の記事がきっかけになりましたらとても嬉しく思います!
      昭和も遠くなりにけり、な令和の時代ではありますが、古きものも忘れずにいたいものですね。
      ご丁寧にいろいろとご教示いただきありがとうございました!

      1. sioon様へ

        今年のツーリングでは、此処には行かれなかったみたいですが、来年の予定地に入れるのは良いのではと思いましたね。
        たぶん、自分と似た年代の人にはとても懐かしさの有る場所ですから。。。

        自分は何も役にたって無いですよw
        では、急に暑くなったり寒くなったりと何かと大変ですがお体ご自愛下さいませ。

        1. G3さま
          来年以降、また九州に行くことはあると思いますので、参考にさせていただきますね!
          ご丁寧にありがとうございます、季節の変わり目G3さまもどうぞご自愛くださいませ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です