【CRF250L】ヘッドライトユニットを交換する方法【ポリスポーツ・軽量化】

CRF250Lのヘッドライトユニットをポリスポーツのヘッドライトに入れ替え!

友人のCRF250Lが、転倒した際に純正ヘッドライトが破損してしまった。ポリスポーツのヘッドライトに入れ替えたので備忘メモ。特に加工の必要もなく、付属品だけで楽にポン付けできた。純正のヘッドライトは重たいので、軽量化の効果もある。CRF250Lの大きいヘッドライトが気になっている人は、交換にチャレンジしてみては!

 

手順

フロントフェンダーを外してヘッドライトも外す。ヘッドライトのLED交換のときと同じ手順で外していく。ヘッドライトユニットが外れたあとはこちら。

ヘッドライトを外し

長めと短めのステーが2種付属されていて、長い方のステーを使うとCRF250Lにぴったり。フォークに固定するゴムバンドはシリコンスプレーを使うと潤滑が良くなって、スムーズに取り付けられる。

付属品

↓ライトにステーをこのように取り付ける。

ライトにステーを装着

常備灯(豆電球)はキーオン電源に接続するのが面倒だったので、絶縁して裏側にテープで固定。ヘッドライトのカプラーはそのまま使えるので特に切ったりする必要は無い。

ヘッドライト裏側

ゴムバンドは90度傾けて、シリコンスプレーで潤滑を良くしてから押し込むと嵌め込みやすい。

ゴムバンドの留め方

ヘッドライト下部が、フロントフェンダーと干渉しないような高さで固定していく。ゴムバンドはゴム全体を引き伸ばすように両手で引っ張って固定すると、留めやすい。

高さを合わせる

うまくケーブルやステーの隙間からフロントフォーク方向に押し込んで、ゴムバンドで引っ張って固定する。

完成図と比較

左に停めた純正と比べてかなりコンパクトな顔立ちになった。調整幅があまりないので、光軸調整が少々大変。

また、ライト上部のバイザー部分が短いので、メーター類があらわになる。Polisportの印字がカッコいい!

軽量化の観点では、純正ヘッドライトユニットが約1.1kgで、ポリスポーツのライトが約0.6kgなので、およそマイナス0.5kgの減量。ハンドル回りの重さが減るので取り回しが楽になった気がする。

Amazonで見ると、ポリスポーツのLMXヘッドライトとは違うものの、似たようなライトがいくつもあるので、好みのモデルを探すと良い。

その他のバイクのカスタム、トラブルについては【バイク】カスタム・トラブルシューティング一覧にまとめ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です