【バイク】GN125-2Fのオイル&オイルフィルター交換方法【ポイパックは使わない】

GN125-2Fのオイル&オイルフィルターを交換した!

納車前整備シリーズその2。ブレーキフルードに続き、オイル&オイル交換も行った。さらに今回、いつものポイパックを使わないで済む方法も試してうまく行ったのでそれも合わせて紹介したい。

必要なもの

 

ポイパックの代用品

紙の新聞は購読していないし、電話帳も持っていないので、「吸水(油)性の良い不要な大量な紙」が手元に無い。安くないと意味がないので、今回はトイレットペーパーを使うことにした。結果としては950mlの廃オイルが1ロールで済んだ。

  • 段ボール箱(小さめ)
  • スーパーのビニール袋
  • トイレットペーパー(1ロール)

トイレットペーパーで作ったポイパックの代わりがこちら。ロールのままだと吸わなそうなので、全てほぐしてから2重のビニール袋にセット。

ポイパック 代用品

 

手順

まずはドレンボルトを緩めてオイルを出す。KITACOのマグネット付きのドレンボルトにしていた。

GN125 ドレンボルト

ある程度抜けたらフィルターカバーをソケットレンチで外してオイルフィルターを取り出す。メガネレンチでもギリギリ外せる。ここからもオイルが垂れてくるので要注意。

オイルフィルターカバー

自分の手を離れていた期間が長いとは言え、あまりの汚さに驚く…。Oリングの付け替えを忘れないように気をつける。

オイルフィルター前後比較

850mlほど入れて、窓からオイル量を確認しながら、規定量に達するまでチョロチョロ入れていく。

GN125オイル窓

エンジンをかけて問題ないことを確認して無事終了。

感想

しばらく放置されていた可愛そうなGN125だったので、少しは良い状態で引き渡せそう。しかしあんなフィルターでも走っていたとは、丈夫な中華バイクだ・・・。

その他のバイクのカスタムについてはこちらにまとめ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です