【F650GS twin】オイル交換を自分でやる方法【バイク】

F650GS ドレンボルト

F650GS twinのオイル交換方法!

前オーナーから譲り受けたF650GS、しばらくオイル交換はされていなかったようなので、オイルフィルターと合わせてオイル交換を実施した。ついでにスーパーゾイルも入れてみた。

 

必要な消耗品

  • バイク用オイル…今回はAZの10-40Wのオイル。MEG-018というちょっとグレードが上のやつにしてみた。
  • ポイパック…2.9Lだけど、小さい2.5Lでも廃オイルが入りきったので良かった。
  • ドレンワッシャー…24mmとかいう大きなサイズ、汎用品が見つからずBMWのディーラーで買ってきた(300円!)ディーラーが袋に40nmと、規定トルクを黒ペンで書いてくれる優しさ。

必要な工具

  • オイルフィルターレンチ…75~98φ対応の大きめのものが必要になったので買った。
  • トルクレンチ…24mmのボルトを回すために、前に中華っぽいのを買っておいてよかった。

 

オイル交換手順

まずはエンジンを掛けて少し走ってオイルを温める。

F650GS オイル排出

ポイパックを置くも、ボルトが横向きで勢いよく斜めにオイルが吹き出してくるので要注意!前オーナーがちゃんとオイル交換してなかったようで真っ黒笑

ある程度オイルが抜けて圧が無くなったところで、オイルフィルターも取り外す。

F650GSオイルフィルターレンチで外す

こっちも吹き出してくるのでポイパックでしっかり受け止めよう。

 

オイル交換量

オイルフィルター交換時:2.9L

とあるけれど、ドライサンプなので入れすぎてオーバーフローすると厄介なことになるから、2.7-8Lいれるとよいよ、というディーラーのアドバイスがあった。オイルチェックゲージよりも具体的な量で見たほうが安心だと言うのでその指示に従ってみた。

過去に使ったスーパーゾイルの残りがあったので、それとオイルを混合して、2.7Lオイルを投入。きれいなオイルは見てて気持ちが良い。

AZオイル

残りのオイルは次回の交換で使おう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です