【バイク】襟裳岬で風を感じる 北海道ツーリングその4【道央】

風極の地 襟裳岬

襟裳は夏も、風吹きすさぶ。

2019夏北海道ツーリング記事一覧はこちらから。

道央の最南端、襟裳岬。森進一の言う通り、襟裳の春はなんにも無いかもしれないけれど、風を感じる素敵な場所だった。

ルート・アクセス

場所はこちら。駐車場は無料で広くてありがたい。

襟裳岬 駐車場

薄曇りの駐車場。夏休みだけど、余裕で駐車できる。

 

太平洋を望む襟裳岬

遊歩道を下っていくと、襟裳岬の先まで歩いて行ける。

遊歩道を歩いていく

水平線の先には水平線、太平洋が広がっている。生憎の曇天が残念だ。

襟裳岬から太平洋を望む

 

ゼニガタアザラシの住処

ゼニガタアザラシが住んでいるとのことだが、海が荒れていて見つけることはできず。

 

 

名勝ピリカノカの一つ

襟裳岬 看板

名勝ピリカノカというのはこれらのことらしい。

 

襟裳岬 風の館

風の館

入館料300円で展示やアザラシの観察スペース、風速体感コーナーなどあったのだけど、アザラシは今日は見られないということで魅力を感じず、今回はパス。

 

風速25メートル体験コーナー

↑襟裳の風(風速25メートル)の体験コーナー。風速は秒速で表されているので、時速に直すと90km/h。常日頃からバイクで風は感じているから別に良いかな!

 

襟裳岬灯台

襟裳岬灯台

散策すると灯台も。明治時代に建てられ、1950年代に現在の形となって、今でも使われているらしい。

 

感想

一面の海やここに至るまでの道も心地よかったが、「晴天」で「ゼニガタアザラシが見られる」時期にぜひまた来てみたいと思った場所だった。

 


旅はGoogle Mapとツーリングマップルの併用がオススメ!


ツーリングマップル対応のタンクバッグがあると信号待ちで地図が見れて便利!

2019夏北海道ツーリング記事一覧はこちらから。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です