【CRF250L】スロットル不調の原因を探る【バイク】

CRF250L スロットルワイヤー固定後

CRF250Lのスロットルの調子が悪くなった

猿ヶ島でハードに遊んでいる中で、まれに「スロットルを回しても手応えがなく回転数が上がらない」症状が出ていた。気になりつつも乗っていたが、ある時から「スロットルを回しても回転数が上がらず、スロットルの戻りも悪い」症状が出てしまい、ついにまともに乗れなくなったので原因を探ることにした。

原因調査

1.スロットルワイヤーの伸びや切断 ⇒ ありえない

バイク屋に聞いてみたら、金属のワイヤーなのでちょっと伸びるくらいならブチッと切れるらしい。言われてみれば過去クラッチワイヤーが切れたときもそんな感じでぶちっと行った。切断されているわけではないので、スロットルケーブル自体の買い替えは必要なし。

2.タイコやステーが外れている可能性 ⇒ 今回はこれ。

バイク屋からはこちらの可能性を示唆されたので探ってみたところ、こちらだった。

CRF250L スロットルワイヤーステー外れ

赤丸で囲った部分が、ボルトでステーに留まっているはずの箇所が脱落してテンションがかからなくなったため、上に書いたような症状が出ていた。激しく乗っている間に、おそらくボルトが緩んでしまった模様。

正しい位置に補正

CRF250L スロットルワイヤー固定後

正しい位置に引き上げて、届きにくいナットをスパナで締め、動かないように固定した。すると、スロットルが問題なく回り、戻りもスムーズに戻るようになった。

CRF250L スロットルチューブ

スロットルチューブも点検すると、戻しのタイコが広がってる!?と思ったけれど新品を見ても戻しの穴は大きいからそういう仕様のようだ。

ZETAのアルミのスロットルチューブも、戻しの穴は大きめ。

無事にスロットル不調は解決した。もし同じ症状の人がいたら、ステーが外れていないか確認してみると良いはずだ。

その他のバイクのカスタム、トラブルについては【バイク】カスタム・トラブルシューティング一覧
にまとめ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です