【ボドゲ】11ニムト/イレブンニムト【ルール・レビュー】

11ニムト

11ニムトのルール&レビュー!

ニムトといえば、6ニムトが有名だが、11ニムトは戦略要素強めで面白い。残った牛のマークの数がマイナスになるところは同じだけど、ルールの違いなどは以下の通り。

ルール

  • 場のカード+10までのカードを手札から1枚ずつ出していき、最初に手札をなくした人が勝ち。
  • カードを出せない/出さない場合は、場札の塊を引き取る
    山札から2枚めくり、表にして場札の塊が増える。
    引き取った枚数が3枚以上の場合ブルカードが手に入る。
  • ブルカード1枚につき、場札の塊1つまでに、+10までのカードをまとめて出せる。
    cf. 場札3→4,7,10のカードを出す
  • 場札の積まれた枚数は分からないようにきれいに重ねる。カウンティングが大事。

 

プレイのコツ

  • 手札と合わせて、密度が高くなるような場札の塊であれば、場札を取ることは怖くない。
  • ブルカードは2枚以上もつと加速度的に手札が減らせるので、ぜひ2枚以上取りにいきたい。2枚持っていれば場の2つの山に1枚ずつ出すこともできるので、上がりやすい。
  • 手札、手番が悪いラウンドは無理してブルカードを狙うより、失点防ぐ方向で進めたい。牛のマークが多いものを処理し、次のラウンドに備えたい。
  • 他のプレイヤーにブルを取らせるのであれば、手札を少しでも分散した形で持たせておきたい。場札に対して極力遠い数字で攻めたい。

 

レビュー

初心者とワイワイプレイもできるし、中上級者が揃えば、キリキリとした心理戦も味わえる。全部出して上がるにはブルが必須な感じがあるけど、ブルを取らずに一枚ずつ出していくプレイも地味に強い。ニムトは運ゲーと思っている人には、違うニムトもあることをぜひ知ってもらいたい一作。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です