【バイク】3台目のGN125-2F




購入前

結局乗らなくなってしまったビラーゴをバイク屋に売ってしまったのは、2016年1月のこと。

バイクが無くなってからは、GIANTのクロスバイクに乗っていたのだけど、住んでいる地域は坂が多すぎて自転車は辛い!

そんなわけで、日常の足が欲しいなぁと思ってバイクを探し始めた。

YAMAHAのCRYPTON 110というTHE アジアのスクーターが新車で15万円もせずに買えることがわかり、バイクセンター川崎に見に行った。

そこで出会ったのがSUZUKIのGN125-2Fだった。

まだ仕入れてからネットにアップする前のタイミングで、店長らしきおじさまから以下の価格を提示された。

  • GN125H 5万円(奥の黒)
  • GN125-2F 8.5万円(手前の赤)

2台見比べて、2Fが新しくてピカピカ!しかも3,800kmしか走っていないとのこと。

なんと↑の値段は整備費、自賠責(3年)までコミコミとのこと!

迷わずこっちだ!ということで、隣のセブンで速攻お金を下ろして購入w

おじさまによると、自分の前に悩んでいた大学生がいて翌日金を工面して来ると言っていたけど、すまん、大人の力(即金)を発揮してしまったぜ・・・。

納車

そんなこんなでお金払ってから2週間ほど。

ウッキウキで会社にヘルメットを持っていって、帰り際にお店に寄っていく。

初めて原付2種に乗ったけど、ビラーゴよりも更に非力w

乗り回す日々

久々の自動二輪が楽しくて乗り回し始めた。

無駄に深夜に出かけて写真を撮ったり、

竜飛岬までツーリングに行ったり(下道で往復1週間以上w)

2ケツで出掛けることも出来て、深夜のお出かけをしたり。

本当に丈夫でよく走るバイクだった。

セルスイッチの接触不良があったくらいでほぼノートラブル。

↑の接触不良もクラッチの握り込みセンサーが汚れてただけで、シリコンスプレーで難なく解決w

その後

半年くらいで、やっぱり高速に乗れないことがストレスだなぁと感じ始めて、

「買い換えようかな、、、でも買ったばっかりだし、、そうだ!大型二輪を取って大型に乗れば、GNは日常の足になるぞ!」

という謎理論で大型免許取得を目指すことに。

 

そんなこんなでオフロードにも興味が出てきて、ヤフオクでXL200Rを買ったので、GNは5,000kmくらい乗ったところで会社の後輩に4万円で譲ってしまった。

1年間4.5万円、しかも青森まで行ってきたなら全然元は取れたかな。

淘宝網でリアサスはじめ中華パーツを買ってつけたり、機械いじりを覚えた最初のバイクとして思い出深い。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です