【家ボドゲ会】凶星のデストラップ、街コロバリアントルールなど

週末ボドゲ会、今回は人数4人と少なめ会。その分みっちりプレイできた。夜は近くのミライザカで飲みすぎて次の日のツーリングがめちゃくちゃきつかった…。

ガブル

最初は2人だけだったので、まずガブル。極力ツモ切りも織り交ぜないと卵バレするので気をつける。けど、今回はことごとくヨミが外れて負けまくりw

 

リカーーーリング

4人集まったところでリカーーーリング。出せるものを出すより手札を整えることを意識して、手札を最初になくしたけど、2番手プレイヤーがガンガン稼いでいて負ける。

 

凶星のデストラップ

全員揃ったところで今回のメイン、凶星のデストラップをプレイ。パッケージには「これはいわば逆人狼?」って書いてあるけど、「逆手本引き」の方が近いような。

まずはみんな初プレイなので、インストしつつエイリアンをプレイ。エイリアン側は、同化ゲージを進めるにはしっかり探索者のカードを当てる必要がある。

探索者の意志が奪われ、全探索者が惑星に同化され、惑星アルテミアの一部となったのです。

序盤は地形カードは1-5までしか無いので、ヨミが簡単なうちに同化カウンターを稼いでおくのが大事。また、5.探査車に置かれると、6-10の強い地形カードが手札に追加されてしまうし、選択肢が増えてしまって当てづらくなるので、5.探査車を出してくるときはしっかり抑えたいところ。

捨て山(捨て札)は公開情報なので、序盤はカウンティングの必要が無いけど、後半地形カードが増えてからは誰が何を持っているかを覚えておかないと無駄な張りをすることになる。1エイリアンの巣窟 2ジャングルあたりの捨て山回収カードのタイミングは、探索者の動向をしっかり読んで当てておきたい。6-10の地形カードは確かに強いけど、場の絶対数が少ないので、エイリアンカウンターを置くのは結構リスキーな気がする。その分あたったときの気持ち良さは半端ないw

襲撃カードも駆使しつつ、きっちり読んで同化勝利!

 

「エイリアン強すぎだろ!」と主張する友人にエイリアン役を譲り、探索者側でプレイ。探索者は自由に会話ができるけど全てエイリアンに聞こえるように話す必要がある。4.海岸は1回しか使えないから、2人以上でかぶってしまったら目も当てられない。けど、相談したらエイリアンに食われるw 5.探査車にエイリアンマーカーがおかれそうなところで1.エイリアンの巣窟を狙っていって、しっかり地形カードを増やしていき、7.隠れ家を使ってサバイバルカードも手に入れながら救助船を待つ。探索者側はエイリアンと違って、ラウンドが進めば救助船はどんどん進んで来るので、粘っていくプレイでも勝てる要素はある。

サバイバルカードを使いながら救助船が間に合いこちらも勝利。大人数も楽しそうなので7人プレイもしてみたい。

ボブジテン&ボブジテン2

写真撮り忘れ…w ボブジテン2をイエサブで買ってきたので、1と混ぜてプレイ。2はデイヴが追加されて、身振り手振りだけで説明しなくちゃいけない。しかも難しいワードが追加されていて、身振り手振りだけで「クーリングオフ」とかどうやって説明すればいいんだっていうw デイヴが出るたび身振り手振りで大爆笑で盛り上がったw

 

街コロ(シャープ&プラス入り)

最近ハマっている海外バリアントルールで、シャープもプラスも入れてプレイ。ハードスリーブに入れたら山札の高さがすごいことに・・・。今回は引っ越し屋と貸金業のコンボをやってみた。(初回プレイの友人たち、すまぬ・・・・)引っ越し屋を持っていないと押し付けられたままどかせないので、嫌なカードを押し付けるプレイヤーが他にいると辛い。

高級フレンチは出目5で発動するので、サイコロ2つでも結構発動する。序盤のランドマーク建設への牽制から、終盤のお金を奪うのにもなかなか強い。しかしテーブルが狭くなるなー。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です