【CRF250L】格安ウィンドスクリーン取り付け方法【バイク】

完成図

安い汎用ウィンドスクリーンをCRF250Lに装着した!

CRF250Lはデュアルパーパス。ダートだけでなくロングツーリングも行ける機体。以前にGN125-2Fで東北一周をしたときは、ウィンドスクリーンを何も付けない状態で、疲労感がすごかった…。今後のCRF250Lのロングツーリングを見据えると風防が欲しいなぁと思っていたところに、知人が中華の汎用スクリーンをつけているのを発見。あんまり大きなスクリーンは操作性に問題が出そうだよな、と悩んでいたところ、サイズの割にちゃんと効果があるとのことで、自分もAliexpressで買ってみた。

 

インプレ

汎用スクリーンパーツ

内容物は非常にシンプル。厚めのプラスチック製のスクリーンに、金属製の留め具&緩衝材。AmazonやAliexpressで見ると、基本的に留め具とスクリーンは共通で、緩衝材だけ各社ちょっとずつ違っている模様。もちろん説明書は無い。

金具

緩衝材はこんな感じで取り付ける。このネジを六角で回して取り付けたい場所に固定し、カムレバーでスクリーンの角度を固定する。

完成図

こんな感じで難なく完成。中央左に写っている金属片は付いてきたものだけど用途が分からないし、付けられそうな場所も無い。製造工程のゴミか何かだろうか。

 

CRF250Lへの取り付け方法

挟み込む様子

ヘッドライトカウルに挟み込む。取付後にネジを回すことができないので、取り付け前にある程度ネジを回しておいてグリグリと差し込んだところうまいこと固定された。カウル自体に湾曲があるのでそれが上手くハマったようだ。

 

取付後

前から見た図はこんな感じ。透明なこともあり、そこまで目立たない?

 

感想

小さなウィンドスクリーンだけれど、胸に当たっていた風がしっかり上に逃げるようになった。まだ高速道路は試していないけれど、走るのが楽になるのは間違いない。サイズとしても大きすぎないため、オフ車によくある「風でハンドルを取られること」も無いので、ツーリング仕様ならば取り付けるのも良いと思う。値段も3000円かそこらなので非常にお買い得。色も透明なものやグレーのものがあるようだ。

注意点としてはETCのアンテナがメーターの真上中央に付いている場合は、左右にずらす必要がある。※見えづらいが、上部の取付写真でも、右側にアンテナとインジケーターをずらしている。また、スクリーンを延長させて使う場合、結構重たいので振動したりするらしい。

引き続き装着して走ってみて、気になる点があれば追記したい。

その他のバイクのカスタムについてはこちらにまとめ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です