【CRF250L】オイル交換を自分で行う方法【バイク】

オイルフィラーキャップ

CRF250Lのオイル交換を自分で行う方法!

12月から乗り始めたCRF250L。初回、距離1,000kmのオイル交換は購入したショップで工賃無しでやってくれたけど、2回目からは工賃がかかるとのことで、DIYでオイルを交換する。

必要なもの

  • バイク用オイル…今回はAmazonでAZの10-30Wのオイルをチョイス。メーカー推奨はSG級以上 10-30Wとのこと。
  • ポイパック…2Lに満たないオイル量なので、一番小さい2.5Lの小さい奴でOK。
  • ドレンワッシャー…手元にあったのがM14だったことにオイルを抜いてから気づいた。。DAYTONAのドレンワッシャーがお気に入りなので次回はM12を忘れずに買っておく。

 

オイル交換手順

エンジンを掛けて少し走ってオイルを温めてから、必要に応じてスキッドプレートを外し、オイルパンからドレンボルトを外す。軍手をつけても手にオイルが掛かって熱いので注意。

直下のポイパックでオイルを受ける。今回はガッツリ高速での長距離走行を含む4,000kmの距離を走ったのでオイルは真っ黒。オーナーズマニュアルによると「距離6,000kmまたは1年ごと」の交換でいいと言っているけど、4,000kmでも結構劣化している気がする…。

オイルが抜けきるまで5-10分、やることが無いので暇になるので、チェーン掃除でもしておく。

 

オイル交換量

オイルがだいたい抜けたらドレンボルトを締め直して、上部についているオイルフィラーキャップのところから、オイルを入れる。ドレンボルトの締め付けトルクは24Nm。

オイルフィラーキャップ

前回オイルフィルター交換をしているので、今回はオイル交換のみで、こういうジョッキで1.4Lを測って投入。また数分エンジンを回してから放置して、オイルレベル点検窓を見て線の間にオイルの線が入っていればOK

  • オイル交換のみ:1.4L
  • オイルフィルター交換時:1.6L

CRF250Lにはサイドスタンドしかないので、オイルレベルの確認のために車体を水平にするのがちょっと大変。一人のときはしゃがんで片手でハンドルを支えてオイルレベルを見るしか無いので、不安な人は二人がかりでやりましょう。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です