【バイク】キャンプアカイケで林間キャンプを楽しんできた【キャンツー】

キャンプアカイケでキャンプツーリングをしてきた!

8月の終わり、キャンプアカイケで林間キャンプを楽しんできた。F650GSツインの初ツーリング。富士山は見えないけれど、気温も上がらず涼しく過ごせた。バイクサイトは我々2人以外にはソロキャンパー1人だけで、空いてて最高だった!

天気もいい感じな朝、8時に家を出発。途中ワークマンで買い出ししたりしつつ富士山方面に向かっていく。河口湖で買い出しをすればいいものの、間違って山中湖のスーパーまで行って買い出ししたりなど回り道をしつつ、キャンプ場に14時過ぎに到着。ここをキャンプ地とする!F650GSとCRF250L2台でのキャンプ。テントのすぐ脇にバイクを置けるのも嬉しい。

キャンプアカイケ 設営後

周りの状況はというと、こんなに空いててとっても穴場だった。富士山の近くだけど富士山が見えないからかな。静かでトイレもシャワーもきれいな、過ごしやすい良いキャンプ場だった。

キャンプアカイケ バイクサイト

 

今回初めてのツールとしてはタープ&ポール。安いタープポールと合わせて買っておいたものたちのデビュー戦になった。タープは300cm × 300cm、ポールは170cmのものを2本。

 

結果としてこのタープが大正解だった。なぜこれまで買わなかったのか…と後悔するぐらい。タープの下に百均のビニールシートを敷いておくと、テントの前室だけで足りなかった”スペース”が広がる。ちょっとものを置いておいたり自分が座ったり、キャンプ中ずっと便利だった。とにかく雑にものが置ける場所がある、というのが助かる。

タープを利用

タープポールは2本しか無いので、タープから伸びる残りの2点は近くの木にくくりつけて固定している。規定外利用になるけど継ぎ方を変えて片方だけ長くしてみた。細いので風が強いときはちょっと心配かな…。自分が164cmなので、もしかしたら2本を普通に立てても良かったのかもしれない。

そしてF650GSは初のフルパニアバイク。こちらもまた快適だった。大抵の道具がパニアケースにしまえるので、家の中で荷造りしてパニアに詰めてバイクに運ぶだけ。我が家はガレージなんて無いのでこういうのも便利だと気付かされた。

夜は肉を焼いて、酒を飲んでひたすら焚き火。火を見ていると落ち着くのはいつものこと。その後は静かに就寝。パリピも居なくて良いキャンプ場だ。

キャンプは焚き火

写真はかずぼフォトよりいただきました。


旅はGoogle Mapとツーリングマップルの併用がオススメ!


ツーリングマップル対応のタンクバッグがあると信号待ちで地図が見れて便利!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です