【バイク動画】GoPro HERO 8で撮った動画にルートを表示させる方法【motovlog】

DashWareスクリーンショット

GoPro HERO 8で撮った動画にGPSデータを抽出してルートを付ける方法

GoPro HERO 8を買って、動画内にGPSデータが保存されていることに気付いた。林道を走ったりすると、ぐるぐる迷って結局どこを走っていたのか後で分からなくなったりするが、GPSログが見られれば、どんなルートを通ったかも後々に一目瞭然だ。さらにmotovlogをやっていくのであれば、動画上でルートが表示されていると、視聴者も分かりやすい。GoPro HERO 8が新しいせいかルートを表示するソフトウェアでGPSデータの読み込みが出来ず、少々工夫が必要だったので簡単にまとめてみた。

動画内にルートを表示させるために使うソフト

DashWareをDL

このDashWareを使うと、↓のように動画に含まれる各種データを動画にはめ込み合成することができる。もともとは専用のGPS専用機の付属ソフトのようだけど、他のGPXデータを使っても動画に合成できる便利なソフトだ。もしかしたら、GoPro7以前のモデルであれば、このソフトで読み込めば自動的にGPS等のデータも読み込んでくれるかもしれない(試していないので分からず)GoPro HERO 8は、動画読み込み時に、動画以外のデータが読み込めなかった旨のアラートが出てくる。

DashWareスクリーンショット

※これは猿ヶ島初心者コースを走っている様子。動画はYouTubeにアップしている。

GPSデータを抽出するサイト

TELEMETRY EXTRACTOR for GoPro

https://goprotelemetryextractor.com/free/

このサイトで、無料でGoPro動画からGPSのみ切り出して、GPXファイルとして抽出できる。手順は「Freeをクリック」⇒「メールアドレスを登録」⇒「ファイルをアップロード」⇒「GPS⇒GPX」からダウンロード。スクリーンショットは以下を参照。

その後、動画と別途ダウンロードしたGPXデータをあわせて、DashWareに放り込めばOK。具体的なDashWareの使い方はこちらのページに詳しい。GPXデータを読み込むときは自動でGoPro形式が選ばれるはずなので、あとは好きなサイズで好きなGauge(計器)を動画内に配置すればOK。

特に余計なことをしなければ、動画の尺とGPXデータの尺は同じなので、Sync Offset(GPXと動画のスタート位置をずらす)を変更する必要は無いはず。遅延やズレがある場合はSync Offsetで調整をする。

 

動画が2本以上に別れている場合

GoProの仕様で、約4gbごとにファイルが分割されてしまうため、その場合は以下の手順を踏む必要がある。

  1. それぞれの動画からGPXファイルを抽出する
  2. GPXファイルを合成して一つにする
  3. 動画を合成して一つにする

1はチマチマ上記で書いたとおりにダウンロードして、2と3が出来れば、あとは通常通り合成すれば良い。

GPXファイルを合成して一つにする

GPXファイルの合成は以下のサイトが手軽だった。対象のGPXファイルをアップロードして、マージしたファイルをダウンロードすればOK。

https://joewein.net/bike/gpxmerge/

 

動画を合成して一つにする

DashWareの動画読み込みボタンの中に、合成(merge)ボタンがあるので、ここから正しい順番に並べて動画を合成する。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です