【CRF250L】デイトナのグラブバーキャリア(リアキャリア)の取り付け方法【積載量アップ】

CRF250Lにリアキャリアを取り付けた!

軽量化のために各種パーツを取り外していたCRF250L。林道ツーリング等でキャリアが無いと、リュックで背負うしかないんだけど、そうすると重たい荷物があるとちょっと大変だったり…。不便さを感じて、一度取り外していたリアキャリアを取り付けた。ヤフオク等で説明書無しのものを落札した人がいたら役立つかもということで、取付方法を簡単にまとめてみた。

 

●車体への取付方法

過去に荷物を載せたせいかHONDAのシールが禿げてしまっている。まれに二人乗りするときに、後ろの人が掴むところがなく、ライダーを掴むしかなくて不便だったりする(場合によってはラッキー?)

CRF250L テール

 

↓荷掛けフックを六角棒スパナで取り外し、純正の段付きスペーサーは再利用。付属のボルトでシートごと固定する。

 

↓後ろ側も付属のボルトで固定する。フェンダーレスキットをつけているのでテールはスッキリ。

 

↓荷掛けフックは2個だけ再利用。リアキャリアに固定する。

 

↓こんな感じで荷物が乗りやすくなった。後ろに乗る人も、掴みどころが出来て安定する。

昔はCRF250L 1台で「オフロード遊び」と「旅バイク」を兼ねていたので、リアボックスもつけていた。だが、今は旅バイクのポジションをF650GSにしたので、CRF250Lはボックス無しで行こうと思う。どこかにキャンプして林道を攻める、なんてシチュエーションのときは「タンクバッグ」+「リアシートに大物をくくりつける」+「リアに大きめのバッグ」を積めばどうにかキャンプには行けそうな気がしている。後日検証していきたい。

 

その他のバイクのカスタム、トラブルについては【バイク】カスタム・トラブルシューティング一覧
からどうぞ。

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です